更年期障害

更年期障害

更年期障害とは

女性は年齢とともに4つのライフステージ(思春期・性成熟期・更年期・ 高齢期)を経験します。

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、 この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。

年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、 心身にさまざまな不調があらわれます。

 

日本女性の更年期の割合